脚痩せしたい?だったらピラティスと加圧を組み合わせるとより効果的

こんにちは。今日はピラティスと加圧トレーニングの大切な関係性をお伝えします。知っていて損はないので是非、最後まで読んでいってくださいね!5分ほどお時間頂戴します。

 

当店のパーソナルトレーニングはピラティスと加圧を融合させて行います。なぜ融合しているかというと圧倒的に効率がよくお悩みに応えることが出来るからです。

ピラティスと加圧トレーニング、どちらかは体験したことや聞いたことがある人も多いと思います。

 

ピラティスとは、簡単に言うと体幹などのインナーマッスルを安定させながら骨格から姿勢を改善させていく内容で、痛みなど動きの機能改善もできるのでスタイル改善だけでなくNBAやアメリカンフットボールなどのトップアスリートにも多く取り入れられています。

 

一般的にはピラティスと聞くと、女性が行っているイメージの方があるかもしれませんが全くそんなことはなく、ピラティスを考案されたピラティス氏は、男性で幼少期は喘息、リウマチ熱、くる病に悩まされていましたが、あらゆるトレーニングを経験し体を鍛えピラティスを考案しました。ピラティスとは、体の軸になる体幹を鍛えて背骨に意識をむけバランスを整えていくエクササイズです。日常生活でのストレスや疲れで浅くなってしまっている呼吸を整えて体に覚えさせ身体、精神の安定を目指します。男性、女性、年配者、関係なくむしろ小さい時から出来ているといいですよね。

加圧トレーニングとは、専用のベルトを脚の付け根付近や太ももに巻き付け血流を制限しながら普段の生活使わない筋肉を動かして行います。しっかり負荷がかかるので短時間で効率的に結果を実感することができるので人気のトレーニング方法です。初めて体験される人はその負荷に驚きキツイと感じると思いますが続けていくとその負荷がないと物足りなくなります。

 

この二つを合わせると最強だと思いませんか?

 

残念ながら体の軸がぶれたまま加圧トレーニングを行って人もたくさんいます。何事も基礎が出来ていないと応用は出来ませんよね。ぶれたままトレーニングを続けた結果、腰やひざ、足首など痛めてしまい当院に駆け込んで来られる方も多いです。

では、どのようにして融合させていくのか……

 

例えば、エックス脚で来られたお客様

このお客様は股関節が内側に入りすぎてひざがくっつき、足首が全然くっつかなくなっていました。股関節の痛みもあり歩きづらそうでした。

まず、反り腰がひどかったので背骨を強制しながら股関節をひろげて可動域を大きくしていき、お尻の筋肉を使いながら加圧トレーニングをしていきます。

このお客様は1回目で違いを実感出来ました。もちろん1回では改善しません。なぜなら長く使ってきた体の使い方は手強いです。しかし、どういう理由でエックス脚になってしまったかというのを頭で理解してそれを体に覚えさせれば改善は必ずされていきます。

体の軸が整ってくると勝手に今までとは違う筋肉が動いてくるので、余分な脂肪も削られていき、血流もよくなり冷え性改善にもつながります。

 

トレーニングの流れ

1ピラティス【10分】

体のクセを読み取り、脳に正しい体の使い方を伝えて、体感に効果が出やすくなるように軸を整えていきます。

2加圧トレーニング【10分】

体の軸を意識しながらしっかり負荷を与えて体感を効率良く鍛え、全身のバランスを整えていきます。

3アフターケア【10分】

ピラティス、加圧での補足や家で出来る簡単ストレッチ、家ではどうしても出来ない人には普段の生活で気を付けることなど伝えます。

 

ただ、体が固くなりすぎて軸がぶれすぎている人は一番はじめのピラティスを少し長くしたり、筋力を早くつけたい人は加圧トレーニングを少し長くしたりとそのお客様の体と悩みを聞きながら変えていく場合もあります。

トレーニング未経験者、トレーニング難民の方、あなたが思っている以上にあなたは変われます。

最新式加圧トレーニング(MCC)+ファンクショナルトレーニングについて詳しくはこちら

最新式加圧トレーニング(MCC)+ファンクショナルトレーニング

この記事に関する関連記事