メリットとデメリットは?パーソナルトレーニングの食事指導の疑問

多くのパーソナルトレーニングの現場において、トレーニングと同時に食事指導を受けることがあります。ダイエットやボディーメークするにあたって食事というのは、トレーニングするのと同じくらい大事なことなので、トレーナーの指導のもと、食生活を改善するというのは効果的なことだと言えます。しかし、なかには「仕事柄生活習慣が不規則で食事管理をきっちりするのが難しい」「食事制限はしたくない」という方もいらっしゃると思います。そこで、パーソナルトレーニングをするにあたって食事指導を受けるか悩んでいる方に食事指導のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

 

① 食事制限はパーソナルトレーニングには必須なのか?

 

食事制限や食事指導はパーソナルトレーニングするにあたって必ずあるものではありません。

利用者の体型や目標、期間、トレーナーの方針などによって食事制限や食事指導が必要かは変わってきます。また食事制限や食事指導は利用者のトレーニングを行う期間や現状の目標とのギャップに開きによって厳しさの度合いも変わってきます。

例として、短期間で大幅な減量を目指すBMI値が25以上の肥満気味の人の場合、カロリー制限、糖質制限など食事に関して何らかの制限は必須となってくるでしょう。

逆に、細身の女性でBMI値が20前後のくびれやヒップアップを目的としてパーソナルトレーニングを行うような人の場合は、筋肉量を増やすことが重要なので、食事制限をして食事量や摂取カロリーを減らしたりするよりも、筋肉量を増やすためにその素となるタンパク質を多めに摂取するほうがより効果的です。

食事管理や食事制限をしたほうがいいのか?自分では分らない方は、一度パーソナルトレーニングの体験などに行ってみて直接トレーナーさに相談してみるのも良いでしょう。

また食事指導を受けるにあたって、三食しっかり食べる食事指導するジムや徹底して糖質管理をするジムもあります。ジムによって方針は様々なので事前にどのような指導をしてくれるか確認しときましょう。

パーソナルトレーニングで食事指導を受けると様々なメリットやデメリットがあります。ここでは、そのメリット、デメリットについて紹介します。

 

② 食事指導によるメリット

 

②-1 栄養に関するの知識を学ぶことができる

パーソナルトレーナーに食事の管理・アドバイスなどを受けることによって、自然と栄養学などを学ぶことができます。

知識もないのに自己流で食事内容などを考えてしていてもダイエット成果が出なかったり、体調を崩してしまう場合などがあるのでダイエット中の栄養管理は大切です。

知識もなく痩せるうえで避けたい糖質などをカットした場合、必要な栄養素もカットしてしまう可能性もあります。糖質を削除しようと炭水化物を抜いてしまったことにより炭水化物に含まれる食物繊維までもが抜かれ腸内環境が悪化してしまうケースなどがあります。自己流で食事制限をしてしまうと、カットすべきでない栄養素までカットしてしまう可能性があるのでやめましょう。

このようなことをなくすためにも、「どんな栄養素を取るべきか?」「どんな食品をなぜさけるのか?」をプロから教えてもらい正しい食事制限の指導を受けましょう。

また、栄養に関して正しい知識を身につけることによってパーソナルトレーニングが終了しても太りにくい食事を続けることができ体型も維持できるでしょう。

 

②-2 短期間で効果が実感できる

パーソナルトレーニングでの食事指導はトレーナーがその人の身長、体重、筋肉量から体質などを分析しその人にあったメニューを考えてくれるので短期間での効果が実感できるでしょう。

今までダイエットに失敗した多くの人は「自分には合わなかった」という理由が大半だと思います。なぜなら自己流でダイエットする場合、自分に適したトレーニング方法、食事内容など様々なダイエットプランから見つけださなくてはなりません。これはとても困難なことです。

食事制限といっても単に糖質制限したり量を減らすだけではありません。例えば、1日の摂取カロリーが多い人が糖質制限だけをしてもあまり効果は得られません。このような人は糖質制限の前に摂取カロリーを抑える必要があります。また、筋肉量が少ないような人は、摂取カロリーを減らすよりも消費エネルギーを増やす方が有効で食事制限よりもトレーニングに重点をおいて筋肉量を増やすほうに重点をおきます。

このように、効果的なダイエット方法というのは個々の体質や生活習慣によって大きく違うものです。

パーソナルトレーニングは専門のトレーナーがその人の目的にあったダイエット法に導いてくれるので自分で試行錯誤して模索する必要がありません。

今まで自己流でダイエットに取り組んでなかなか上手くいかなかった人でも、パーソナルトレーニングで最適なプランで取り組めば短期間で実感することができるでしょう。

 

③パーソナルトレーニングで食事指導を受けるデメリット

 

③-1 ストレスが溜まりやすい

食事指導を受けるにあたってのデメリットの一つとしてストレスが溜まりやすいことが挙げられます。

今まで好きな物を好きなだけ食べていた様な人は、食事内容を180度変えなければならないからです。糖質というのは余った分は脂肪に変わってしまいます。今までラーメンが好きでよく食べていたような糖質を多く採る食生活をおくっていたような人は糖質を控えるよう指導されたりします。食事が楽しみだった人ほど、食事制限されることにストレスを感じてしまいます。食生活が原因で太ってしまっているような人は、一時的に食事制限をするのではなく食生活自体を根本から見直す必要があるでしょう。

このように食事制限することは、「食生活を変えたくない」「楽しみの食事を制限されたくない」と思っている人はストレスを感じてしまうでしょう。

ストレスを感じないためにも担当のトレーナーに相談し無理のない食事制限をすることが大切です。

 

③-2 リバウンドしてしまう可能性がある

パーソナルトレーニングの期間が終わってよく陥るのがリバウンドです。トレーナーから指導された栄養に気をつけた食事を心がけていれば問題はありませんが、元の食生活に戻りがちになってしまうからです。

ダイエットが終わった解放感から気が緩んでしまって食べ過ぎたり、食事制限の知識を活かせなかったらリバウンドしてもおかしくないでしょう。

食事内容を続けれるか不安でリバウンドしてしまいそうな人は、目標を達成したからといってすぐにパーソナルトレーニングを止めるのではなく、頻度を減らしながら3ヶ月~半年くらいは継続してパーソナルトレーニングすることがよいでしょう。

定期検診のように2~3ヶ月に1回ほどパーソナルトレーニングを受けることにより、その時の自分の状況・状態に合わせてトレーニング方法も調整できます。

 

④パーソナルトレーニングで食事指導を受けた方がいい人とは?

 

食事指導のメリット・デメリットを考慮した上で、パーソナルトレーニングによる食事指導を受けた方がいい人とはどのような人でしょうか?以下がそれに該当する人です。

 

④-1 短期間で集中的にダイエットしたい人

短期間で痩せたいと思っている人にとってパーソナルトレーニングでの食事指導は効果的です。ダイエットは運動してエネルギーを消費して痩せる方法もありますが、食事制限せずに運動してもあまり有効ではありません。なぜなら、運動してエネルギー消費しても摂取するエネルギーが多ければあまり意味がないからです。また、ダイエットの重要な要素としてもう一つは筋肉をつけることです。筋肉量が増えればそれに比例して基礎代謝量も増えるからです。

基礎代謝とは、人の筋肉、脳、臓器の働きに必要なエネルギーのことで生命維持には最低限必要なエネルギーです。寝ていてもエネルギーは絶えず消費されます。筋肉量を増やすことが基礎代謝を高めるためには必要です。そのためにも筋肉がつきやすいような食事を摂ることが大事です。

筋肉をつけるには、アミノ酸、タンパク質、またそのタンパク質の吸収を促すビタミンB6などの様々な栄養素が必要で、ただ筋肉を鍛えればつくわけではありません。

これらのことから、短期間でダイエット効果を感じるためには「運動」と「食事」の両方からアプローチすることがより効果的です。

 

④-2 栄養学の知識を身につけたい人

食事指導を受けることはメリットとして述べたように栄養学の知識が自然と身についてきます。

食事指導とは、毎食の食事の写真や内容をパーソナルトレーナーに報告し、それを確認したトレーナーがカロリーや糖質などを割り出し、食事内容が目標に対してきちんと制限できているか?必要な栄養素は摂取できでいるか?などをフィードバックしてくれます。

このようにトレーナーとやり取りしていくなかで必要な栄養素何か?など自然と栄養学などの知識も身についてきます。

間違った知識をつけていたとしてもその度トレーナーが指摘してくれるのでより正しい知識がアップデートされていきます。

パーソナルトレーニングでの食事指導は、ダイエット期間終了後にリバウンドしない為の栄養の知識も身につけれてベストな体型維持をしていくのには最適の機会だといえます。

 

⑤ パーソナルトレーニングにおける食事指導のまとめ

 

まとめとしましては、トレーナーにより考え方も色々なのでパーソナルトレーニングだからといって食事制限が一概にあるといった事でもありません。また食事制限を行う場合でもその程度も様々で、アドバイスや指導で留まる場合もあります。一概に食事制限が伴うとも限らないので、事前にどのような指導が行われるのか確認する必要があります。

しかし、食事制限を受けることによって栄養学の知識も身につくのでダイエット後のアフターケアにも努めやすくなります。ですから、パーソナルトレーニングの知識を得る場と認識し、知識を吸収しながら活用しましょう。

非公開: ダイエットパーソナルトレーニングについて詳しくはこちら

非公開: ダイエットパーソナルトレーニング

この記事に関する関連記事