脳科学ダイエット

rいろいろ試したけど効果がないrついつい食べてしまい続かないr食べるのをガマンするのはイヤrいつも失敗して自己嫌恵に陥るつい漫然と食べてしまったり、ストレスで食ぺすぎてしまったりいう「クセ」が、私たちの脳には染みついています。世の中のダイエット法は、「食事」を変える方法は教えてくれますが、私たちの「食行動」や「欲求」を変えることには焦傾着です。rそこはあなたの気合いと根性でなんとかしてくださいよ!」というのが、これまでのダイエットに共通したスタンスでした.だからこそ、難もが同じつまずさ方をするわけです.それに対して本書は`みなさんがr正しい食行動」を会得するためのヒントを差し上げます。これによって、みなさんが何かを食ぺるときのr脳のクセ」が大きく変わります。だから「ガマン」や『自制`心」は必要ありません。「私は意志の力が弱くて:・・」と自覚している人でも、脳そのものを変えてしまえば、「がんばる」ことなく、/Jく当たり前のようにやせていくことができます。そう巷にあるダイエット法に対して、多くの人が抱える悩みは共通していますよね。しかし、やり方は多種多様なのに、なぜこうも似たような悩みばかりを生み出すのか、考えてみると、ちょっと不思謙だと忌いませんか9これに対する答えは`じつはシンプルです。それらのダイエット・メソッドは「とにかくこれをガマンしなさい!.」と私たちに命令するものの、rどうすればガマンできるのか?」を一向に敦えてくれないからです。

 

 

 

 

食べる」という行動は、脳によって調整されています。食ぺ方の習慣も、食ぺたい欲求も、脳が『学習」したものです.つまり、あなたがついつい食べてしまうのは、rやせられない脳」になっているからにほかなりません。従来のr自制心に頼る」ダイエットが致命的に見落としていたのは、この脳の関与なのです。私は、米ロサンゼルスにあるメンタルヘルス・クリニックの院畏であり、かつてイエール大学などでは先端脳科学を専門としてきた研究者でもあります。クリニックヘは、人種を問わず、たくさんの方がr心と脳」を釦しにいらっしゃいます。その日々の診療のなかで気づかされるのが`じつに多くの人がr食」の問題を抱えているということです.典型的なのはrストレスによる週食』でしょう。これはストレスを抱えがちな現代人には他人事ではありませんし、生活習慣病の原因にもなり得ますから,心の問題だけにとどまりません。私が研修医だったころ、『最低限、この2つだけは診察で聞きなさい」と教えられたことがあります。それは、患者さんの食欲と睡眠でした。脳によって調整されているr食」とr眠り」は、いわば脳の様子を映す「鏡」です。食事に問題が出ている人(そしてその結果、体己にも問題が出ている人)は、脳がよくないパターンに陥っている司能性があります。本当に効果的なダイエットをしたければ`根本原因である脳を『無視」してはいけないのです.食ぺたくてしょうがないという欲求は、食ぺ物への「依存」から生まれます。そうです、食べることは快楽ですから、そこに依存が生まれるのです。ふく●くひがいやそ99かく脳のなかには、快楽中枢という場所があります。腹側被董野と側坐核という部位からなる回路です。

 

食べたものが糖賃となってそこを刺激すると、私たちは快楽を感じ、もっと食ぺたくなります。ドラッグやアルコール、ギャンブルなどの依存と同様、この快楽中枢の暴走を鎮めるのは容易なことではありません。rがんばってガマンしなさいー」とだけ言うのは、脳のメカニズムを無視した乱景なアドパイスだと言わざるを得ません。憲志の力で欲求を抑えようにも、そもそもその意志を支えている脳のなかで、それとは真逆のメカニズムが働いているわけですから、自制心だけでなんとかするというのは、そもそも無茶な話なのです。それではいったい、どうすればいいのか?世界中でさまざまな研究が蓄積されていくなかで、「ある方法」を通じて悩に働さかけを継貌すると、結果として、快楽中枢の暴走を鎮められることがわかってきました。食欲を手なずける科学的メソッドその方法というのが『マインドフルネス」です.欧米で大流行し、いまや企業や教育の現場などでも、当たり前のように取り入れられつつあるこの方法群については、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?本書は、マインドフルネスをベースとしながら、食行動を変えるさまざまなアブローチを統合して`総合的なダイエット・プログラムとして発展させました。rもう根性綸には頼っていられない'.」という人は、食べたい欲求をr無理やり抑えつける」のではなく`rうまく乗りこなす」ための脳科学ダイエットを学んでみませんか?マインドフルネスが脳に及ぼす影響については`多くの科学的エピデンスが積み上げられており、食行動改善への応用もはじまっています。本書でも、このダイエット法の効果を示す科学的データを選宜参照し、巻末には論文などのリストを設けました。ぜひfJ参考にしてください。

 

 

脳科学に基づいて、あなたの脳を変え、その結果として「無理なくやせる」ことを可能にするーこれが本書の狙いです.そして、脳そのものが「ガマンしなくても太らない」状態に変わっていきますから、ダイエットの効果は一時的なものにとどまりません。巷にあるダィエットとは違い、リバウンドも回避できるのです.これだけでなく、ほかのダイエットには見られないさらなる成果も期待できます(その詳紐はぜひ、この先を読んでたしかめてみてください).みなさんに親しみを持っていただけるよう、本文はストーリー形式をとりました。また、実践プログラムのスケジュ→ル表も入れておきましたから、今日からでもすぐにトライしていただけます。ぜひ、あなたのペースで気軽にはじめてみてください!本書を読み進め、この方法を実践するなかで`みなさんの『脳と心」はきっと変化していくことでしょう。r食」とr自分」が深いところで変わっていくブロセスを`ぜひ楽しんでいただけたらと思います

 

非公開: ダイエットパーソナルトレーニングについて詳しくはこちら

非公開: ダイエットパーソナルトレーニング

この記事に関する関連記事