MCC加圧トレーニングで冷え性を改善する人が増えている理由

冷え症と加圧トレーニングと筋肉

こんにちは。今回は女性の悩みでも多い冷え症について解説していきます。

あまり知られていないのですが、冷え性の改善には筋肉が大きく関わってきます。

筋肉量を増やすことで長年の冷え性や、冷えで起こる関節の痛みなどの改善方法をお伝えします。5分くらいで読めますのでお時間の合間に読んでみて下さいね。

冷え症の原因はさまざまです。冬に冷え症を感じる方が多いと思いますが、夏でもクーラーで体は冷えているのにさらに冷たいものを一気飲み。お風呂に浸かる事なくシャワーで済ましてそのまま冷房もかかった部屋で眠ってしまう。暑い夏でも体はどんどん冷えていきますよね。冷え性に季節は関係ないですね。

冷え性に悩まされているあなた!今までどんな対策を行ってきましたか?

効果的な対策3つを紹介します。

1、お風呂に浸かる

冷え性なので、熱いお湯に入ってしまう人がいるのですがそれは間違いです。熱いお湯だと長く入れず体が温まる前にでてしまいます。適温は38~40度です。肩までずっと浸かるとのぼせてしまう可能性があるので、お腹から下を温まめる様にします。

15分ほどたつとじわじわと汗ばんできます。そうなれば体の芯まで温まっているので冷え性の解消につながります。

2、食事の改善

当たり前なのですが冷たい物を飲みすぎると、体は冷えます。内蔵が冷えるとそれを回復させるためにエネルギーを使ってしまうので、全身に血流がいき届きにくくなります。

そうすることで、手、足が冷えてしまいます。体を温める根野菜【レンコン、ニンジン、カボチャ】を意識的にとっていくのも対策の一つです。生姜湯なども体を温めてくれますし、とても簡単なので続けやすいですよね。

3、筋肉量を増やす

筋肉を増やせば代謝が上がるので冷え性の改善につながります。男性よりも女性のほうに冷え性の人が多いのはそのためです。【筋肉を増やす】と言われてもピンとこないですよね。ウォーキングやトレーニングでも、続けていくことで代謝を上げていくことは出来るのですがもっと効率的に筋肉量を増やしながら血流を促進し、代謝をあげることが出来るのが加圧トレーニングです。

加圧トレーニングとは、脚や腕に専用のベルトを巻いて血流を制限し、普段の生活で使っていない筋肉を動かし負荷をかけながら行うトレーニングです。

専用のベルトを巻いて低酸素にしたあと、ベルトを外して一気に全身に血流を流します。

負荷をかけながらのトレーニングなのでキツイですが、短時間で圧倒的な効果がみられます。

トレーニングをした次の日にはいつもとは違う筋肉が動いているのを実感できるので嬉しさも倍増!!

初めて体験される方は、キツさに驚きます。しかし、加圧トレーニングといってもトレーニングのやり方はさまざまです。冷え性改善が目的であればそんなにキツイトレーニングしなくても効果は出ます。

しかも、加圧トレーニングの効果はそれだけではないです。成長ホルモンが分泌され美肌効果や、代謝がよくなるので太りにくい体質にもなってきます。

 

当院では、マンツーマンでトレーニングしているので、冷えで痛めてしまったひざや足首も体の使い方から改善しお客様のお悩みに応えていきます。

冷え性改善でトレーニングとなると大袈裟に感じるかもしれませんが、加圧トレーニングは体質改善にとても役立ちますので是非、試して下さいね。

トレーニング初心者の方、トレーニング難民の方、おまちしております。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

最新式加圧トレーニング(MCC)+ファンクショナルトレーニングについて詳しくはこちら

最新式加圧トレーニング(MCC)+ファンクショナルトレーニング

この記事に関する関連記事