なぜゴルフの手打ち改善をレッスンプロに指導してもらったのに改善せずに痛みが出てしまうのか?見落とされてしまう根本的原因とは

当ジムが選ばれる3つの特徴とは?

  • 全国の整体委員長やプロトレーナーを指導する技術力
  • 他のジムなどで痛みが出たり改善しなかった症状が根本から解決できる
  • 骨格から動きを整え、痛みなどの症状を改善に、運動パフォーマンス向上・身体の機能アップができる

あなたは今このような点で悩んではいませんか?

  • 手打ちと言われたけどそもそも手打ちって何?
  • スイングが安定しない
  • 体幹はあり使えるはずなのにいざスイングすると抜けて手打ちになってしまう
  • 手打ちにならないようにと意識して練習したいけど具体的に何を意識したらいいの?
  • 手打ちを改善しようとしてるけど身体に痛みが出てしまう
  • レッスンなどに行ったけど改善せずに痛みなどが出てしまった

などの症状が一つでもあれば当ジムにお任せください!!

手打ちの原因は…?

手打ちの原因はスイング動作の二つの要素、ボディーローテーションアームローテーションの内、アームローテーション意識ばかりに気がとられ、力が入りすぎ、腕の力だけでスイングしてしまっているからです。つまり体幹、下半身からの連動性が使えない事にあります。

そもそも手打ちってなに?

ゴルフは手を使って行うスポーツなので手打ちになって当たり前!手打ちでもそこそこ回れているし良いと思っている人もいると思います。もちろん全く手に力を入れずに打つという事は無理です。まずどれが手打ちでどれが手打ちではないのかという線引き自体も言う人によって様々なので難しいところです。自分では手打ちじゃないと思っていてもいざレッスンなどに行くと「手打ちで下半身が使えていません」と言われた経験がある人もいるのではないでしょうか?ならそもそも手打ちってよく聞くけど何?と疑問を持ちますよね、

簡単に言うと手打ちとは、手や腕に余計な力が入り回転動作などがスムーズに行えず手や腕の力だけでスイングしてしまうことです。

手首を固めて、肘を伸ばして、肩の位置を平行に…など手、肘、肩などクラブを持っている腕の事ばかりに気を取られいざスイングすると余計な力が入りボールはあっちに行ったりこっちに行ったりとスイングが全く安定しない、そして余計な力が入っているのでその力みがゴルフ肘や腰痛、手首の痛みなど様々な痛みを伴う症状の原因となってしまうのです。という事は「手打ち」を改善しないとゴルフも上手くならないし痛みが出てしまうということに繋がるのです。

 

やっかいな事に力のある男性は手打ちでもそれなりに飛ばしてしまいます。そしてその手打ちが染み付いてしまい「自分はしっかりスイングできているから飛ぶんだ」と錯覚してしまうのです。うまくいっている時はそれでも問題ないのですが一度崩れてしまうとどうやっていいか分からなくなり、焦りにつながり焦りが過度の緊張を生みそれによって痛みが出るという事に繋がります。

なので飛んでいるし痛みがないから自分は「手打ち」じゃないという事ではありません。そしてレッスン行ったり動画を見てよくある下半身から上半身に上手く力を伝えて…とイメージしてスイングしようとしてもすぐにできるものではないのです。それを少し詳しく説明していきたいと思います。

身体のエラーが出ていると手打ちは改善しない?

よく「下半身から上半身に力を伝えて…」「肩の位置を平行に…」「スイングの回転に合わして重心を移動させて…」など他にも色々理論がありますがこういったアドバイスをよく耳にします。今ではYouTubeInstagramなど動画配信で誰でも情報を簡単に得られる便利な時代ですのでそういったコンテンツを参考にゴルフを頑張っている方やレッスンに足を運びレッスンプロなどに指導を受ける方など様々な方がいます。そういった様々なコンテンツがあるにも関わらずましてや教えるプロに指導されても改善せず痛みだけが残るという人達に共通している事、それは「身体の機能改善です」具体的にどういう事かというと、筋力はあり体幹も自分ではそこそこ使えると思っていたけどそれがスイングをすると使えない、といった事例があった時にどうするか、

 

一般的にレッスンプロなどではスイング動作の見直しをし、そこからスイング指導を行いトレーニングをしていくといった流れですが、ではなぜ体幹がそこそこあるにも関わらず抜けてしまい手打ちになってしまっているのでしょうか?そこには骨格、関節の可動域の問題、動きの中で体幹や使うべき筋肉などが使えているか、どこでこの人は動きのエラーが起こっているのかなどの事に目を向ける必要があるのです。

 

例えば「下半身から上半身に力を伝えて…」というアドバイスがあった時に、そもそも下半身から力を伝える際に足首の可動域は十分にあるのか?すねの骨・太ももの骨はしっかり動きが出る状態なのか?膝の状態は動きに対応できるのか?腰・骨盤周りで動きが止まってしまうような歪みやズレはないか?上半身に移行した時、背骨は十分な動きが出るような状態なのか?特に腕の動きに直結する胸周りの背骨(胸椎)は十分な可動性があるのか?他にも様々な要因はありますが、この「下半身から上半身に力を伝えて…」というアドバイス一つとってもこれだけの「動きのエラー」が起こる要素があるのです。そこをチェックも無しに見向きもせず力を伝える方法は〜ですと技術的アドバイスをしたところでまずその動作が出来る状態で無ければその動きなど出来るはずがありません。

仮に形は一見似ているような形になったとしても使うべきところをしっかり使えていないと似ているだけで身体の動かし方、機能的には全くできていないという事になり怪我、痛みが出てしまうのです。こういった理由が動画やレッスンを受けても手打ちが改善せず、痛みなどが出てしまうという原因なのです。

なので皆さん動きばかり気を取られてしまうのですが重要なのはその動きができるの身体の機能が現状であるのか?どこでエラーが起こっているのか?という事なのです。こういった根本的な身体の機能的問題はレッスンや動画などでは深い知識での指導はできません。痛みの根本的な改善、手打ち改善を本気で目指される方はぜひ一度当ジムにお越し下さい。

Mitz Best Perfomance  流れ

①カウンセリング

まず当院で用意したカルテを記入していただきそのカルテをもとに現在の身体の不調な箇所や日頃の生活習慣についてなどをお聞きします。

 

②現状の動きのチェック

現状での動きのチェックをします。

スクワットのフォームチェックなどこちらで定めた内容のいくつかの種目のチェックを行います。

 

③ 身体の状態チェック

骨盤や背骨の歪み、痛みが出ている箇所などの状態などを丁寧に調べていきます。

 

④頭蓋骨・背骨・骨盤矯正

背骨や骨盤の調整を細かな検査を行いながら調整いていきバランスを整えていきます。骨の位置、痛みの緩和や可動域の拡大などトレーニング前に行います。

 

トレーニング

身体の状態に合わせ運動レベルを変えていきお客様一人一人に合ったメニューを考えトレーニングを行います。

 

⑥終了

以上で本日は終了となります。

当ジムが選ばれる理由

  • 身体の事を専門に勉強した資格保有者が担当します。
  • 完全予約制で待ち時間ほとんどなし
  • ボキボキなど痛みがない施術
  • お客様一人一人に寄り添った丁寧な施術、トレーニング
  • 日常の生活指導から食べ物、運動などあらゆる角度から提案をします
  • あなたが気づかなかった隠れた症状も改善していきます!!期待していなかった効果まで改善可能です。
  • すぐに痛みが戻る様な治療ではなく痛みの根本を理解しその痛みのを根本から取れる身体を目指します。
  • トレーニングの本場で得た確かな知識のもとトレーニングを指導している。

当ジムでは自律神経から身体の歪みを整え筋肉や関節の悪いクセを取り除き、正しい身体の動きまで習得していただくため結果的に、全ての悪い部分を改善していく形になります。そういったことから健康的な身体を手に入れることができます!またそれにともない機能アップも期待でき、競技を続けているお客様の悩みもトレーニングプログラムに組み込み更なる競技力向上にもお応えできます!!

 

身体を変えたい!どこかトレーニングに行きたいけどどこに行ったらいいか分からない。もう騙されたくないと思っている方こそ

当ジムに来ていただければと思います