失敗しないパーソナルジムのトレーナーの選び方

パーソナルジム3

パーソナルトレーニングはマンツーマンで行うため、トレーナーの選び方が重要になりますが、トレーナーを選ぶ前に決めていたほうが良いことがいくつかあります。

  • 目標(理想の体重や体型)
  • 男性がいいのか女性が良いのか
  • 個室を希望
  • 費用
  • 通う期間
  • 希望のトレーニングが出来る環境か

初めていく場合は分からないことが多いと思うのですが、自分の希望を持っていることはとても大切で、質問など分からないことも考えていくと、それに対して的確なアドバイスを貰えるのかもトレーナーを選ぶ基準にできます。

 

トレーナーを選ぶポイント

スクワット3

1、トレーナーの姿勢が悪い・質が低い

トレーニングと聞くと激しい運動をして筋肉をつけ食生活にも気を付けて体重を減らしていくと考えている人も多いのですが、その前に、何よりも正しい姿勢を身につけていくことが先決です。

間違ったままトレーニングをしていくと、本当に細くなりたい二の腕や太ももが、より発達して効果がみられなかったり、怪我をして続けていくことができず最悪の場合、整形外科など病院に通わなければならなくなります。

正しい体の使い方を知らない人が手を抜きやすいのがウォーミングアップです。

体が硬いままキツいトレーニングを始めると怪我をしやすくなります。本当にスタイルを変えていきたいなら、骨格の動きから改善していくウォーミングアップは必須です。

担当のトレーナーの【姿勢がいい】ということと。理想の体型への道筋を知って、身体の変化を体感しながら続けていくとモチベーションもあがり心が折れそうなときでも続けていきやすいですよね。

 

2、トレーニング内容が自分の目的に合っていない

自分の目的に合わないトレーニングを進められる場合があります。

  • 最初のカウンセリングから回数を重ねるごとに目的が変わっている
  • トレーナーの得意なトレーニングメニューしかさせてくれない
  • 骨格の動きからスタイルを改善したいのに、骨格からの機能改善が苦手なトレーナーはただハードなだけのトレーニングをさせる
  • トレーニングを続けても効果がでない

ただ、自分がやりたいトレーニングに対して基礎が出来ていない場合、怪我をする恐れがあるので基礎作りが必要なことはあります。自分の目的に合っていなくてもなぜ、そのトレーニングが必要なのか説明してもらえると信頼できます。

最初のカウンセリングから、トレーニングを続けると自分の目指す所が変わってきたりする場合もあるので、時には目標を共有し直す場合もあり、軌道修正してくれるトレーナーさんなら安心してこれからも任せるのですが、自分の考えをあまりにも押しつけてくるトレーナーもいます。

それに付け加えてトレーニングメニューの記録を怠っていたりすると、同じことを繰り返したり、聞かれたりするのでモチベーションもどんどん下がり通うことが嫌になります。

 

3、長い職歴は関係ない

 

サプリメントなど売りこまれる

体重は落ちるけど痛みに対応出来るか。

非公開: ダイエットパーソナルトレーニングについて詳しくはこちら

非公開: ダイエットパーソナルトレーニング

この記事に関する関連記事