ダイエットトレーニングに有酸素運動は効率が悪い理由

脂肪燃焼のための運動の王道と言えば、有酸素運動が挙げられますね。有酸素運動は文字の通り、酸素を利用して体内のエネルギーを消費する運動のことを言います。この運動は、長い時間をかけて行うことができる強度の低い運動であればあるほど、酸素を使う効率、逆に短時間しか行えない強度の高い運動は無酸素運動と定義されます。有酸素運動は、ウォーキングやランニング、水泳やエアロバイクという運動の種類だけで定義されるものではなく、運動の強度と時間によって、それが有酸素性の高い運動か、無酸素性が高いかが定義されます。簡単な例で言うと、ウォーキングとランニングでは、ウォーキングのほうが運動強度は低く、ランニングより長い時間行えるため、より有酸素性の高い運動となります。ランニングとダッシュであれば、ランニングのほうが有酸素性の高い運動になりますね。ただしランニングもぺ—スが速くなれば当然無酸素性が高くなり、運動強度が高くなる分、長時間行えなくなります。5キロを全力で走るペースで42キロのフルマラソンが走れるでしょうか?当然走れませんから、5キロを全力で走るペースとフルマラソンを走るペースを比べると、フルマラソンを走るペースのほうが有酸素性が高くなければいけません。さて、その基本を考えあわせてみると、運動不足気味の人がランニングでゼェゼェハァハァ言いながら走っている状態は、酸素が足りなく

 

なっている状態ですから有酸素運動というよりは無酸素性が高くなっています。ゼェハァ言いながら長時間運動はなかなかできません。長時間運動をしたければ、息を切らさないで運動したほうが長持ちします。つまり、より有酸素運動としての効率を上げるためには、息が切れない程度の運動をしなければいけないということです。そうなのか。では、ランニングよりウォ—キングのほうが、ダイエットには適しているんだ、という答えが導かれるところですが、ここでまた問題がひとつ。有酸素運動としての効率が上がればたくさん体脂肪が燃える……と思いがちですが、それはあくまで脂肪燃焼の効率が上がるという意味であり、長い時間の運動が可能になるということではありますが、運動の強度が低ければ、その分運動量が減ってしまいます。体脂肪が燃えやすいと言われている有酸素運動でさえ、使っているカロリーの約半分は糖質と言われます。先ほどランニングは30分で200キロカロリーの消費カロリーとお伝えしましたが、実は体脂肪がすべてエネルギーとして使われているのではなく、だいたい半分が糖質で、残り半分が脂肪をエネルギーとしているそうです。燃焼効率が良いと言われていても、その程度ということです。そしてランニングよりウォ—キングのほうが脂肪燃焼効率は上がりますが、運動量としては減ります。ウォ—キングは30分で約100キロカロリ—程度。ランニングの半分の消費カロリ—と言われていますから、ウォ—キングがいかにランニングより体脂肪を効率的に消費している運動といえども、2倍の時間をかけなければ、ランニングよりも体脂肪を燃焼しているとは言えないことになります。

 

消費カロリーの少ない有酸素運動だけで体脂肪ーキログラム117200キロカロリーを減らすというのがどれだけ至難の技なのか、こ理解

いただけるかと思います。もちろん、コッコツと続けていけば体脂肪は少しずつ燃焼されます。ただし、即効性を求めてまとめて長時間行ったり強度を高くしたりすると、食べたい欲求が爆発し、リバウンドを招きやすくなることは前述した通りです。以上のことから、有酸素運動は体脂肪を効率的に燃やせるというよく知られた事実だけでなく、ダイエッターにとってはかなり時間効率が悪いものだという、もうひとつの事実が見えてきました。体脂肪の燃焼効率を上げるためには、運動強度は低いほうが良い。しかし、強度が低い分、効果を出すために運動時間を長く取らなければいけません。つまり、ウォーキングでたった200キロカロリーを消費するためだけに大事な時間を1時間も割く必要があるわけです。もちろん、1時間歩くための前後の時間も必要です。普段の生活で、毎日そんな時間を作ることは容易ではない人が多いでしょう。早起きして早朝にやってみたり、仕事が終わって家に帰ってからやってみたり……。最初は大丈夫かもしれませんが、歩くのが楽しいだとか、よほどモチベ—ションが保てなければ、毎日できるという人はそう多くはないと思います。痩せるために、楽しくもないことをイヤイヤずっと続けることができるかというと、いくらダイエットと言っても、そこに楽しみがなければ、継続はしづらいのです。

 

余絞ですが、最近はランニングブームで`走ることが非常に身刃になり、都内であれば皇居付近や公園等、_フンニングコースにたくさんランナーが走っています。通勁ランをしている人も見かけます。運動習慣がつくということはとても良いことだとは思います.しかし一方で、ランニングをしても震せないという人が多すぎるようにも感じます。あなた自身やあなたの問りの市民ランナーはどうですか?痩せていますか?実は、有醗緊運動はrクセになる」という弊害もあります。ランナーズハイという言宴を聞いたことがある人は多いと思いますが、長時問運動すると脳内でエンドルフィンという神経伝連物質が分泌され、気分が高攪してきます。これはランニングだけでなく、ほとんどすべての"骰索連動でMじ伯Hがあり、一度耗験すると、巾おのようにそれを求めるようになります。運動が習慣化していると思いきや、依存症によって運動しないといられないようになり、それにつれて食生活のコントロールもきかなくなり、食への欲求が抑えられない、というパターンが生じます。実はこれ、痩せないフィットネスクラブの常連会員の人達に多いのです。運動に割く時問は多く、運動が楽しいからたくさんできる'~でも困ったことに、効果が出ないというケースです。有酸素運動も、やればやっただけ体脂肪が減って

 

ているものがどれだけ体脂肪として蓄えられているのかということまで考えると、案外計算通りにいかないことがあるのです。ランニングは活性酸素が溜まるからやめたほうがいいとか、逆に不健康だとまでいう極端な考えもありますが、私はそこまで否定するつもりはありません。ランニングが楽しいという趣味レベルで行うことはとても良いことだと思います。しかし、食べた分をランニングで帳消ししようという考えはあまりおすすめできません。それは、たいていの場合、食に関する問題をクリアできていないからです。手軽に始められる有酸素運動ですが、実は体脂肪の燃焼は有酸素運動をしなければできないわけではありません。おすすめしているわけではありませんが、極論を言えば有酸素運動を1秒もしなくても痩せることは可能なのです。

非公開: ダイエットパーソナルトレーニングについて詳しくはこちら

非公開: ダイエットパーソナルトレーニング

この記事に関する関連記事