加圧トレーニング

速筋に働きダイエット効果も高い最新加圧トレーニング

時代は日々進歩しています。ダイエットやスポーツにおけるトレーニング、コンディショニング事情も同様です。生理学的エビデンスに基づきつつ、誰にでも安全かつ効果がある機器の活用こそ、現代が求める科学的トレーニングです。競技で勝利するためには絶対不可欠なものと言えます。ここでは最新の加圧トレーニング(機器)を紹介します。

 

マルチカフケア加圧トレーニング

加圧トレーニングはご存知でしょうか?この記事を見られている方の中にはすでに加圧トレーニングをされている方もおられるかと思います。筋の血流を制限することで少ない負荷で効果的にトレーニングできる素晴らしい方法なのですが、危険性もある(細胞壊死、血栓の発生も報告されている)ことから専門家の指導の下でのトレーニングということになりますが、そこで登場したのがマルチカフケアという方法で、自動的に安全かつ効果的な加圧を実現することができるようになりました。

トレーニングモードでは、血流を制限することにより遅筋の活動を抑え、速筋線維を優先的に働かせることにより、通常のトレーニングではなしえない速筋能力のアップを実現します。このほかに筋のコンディショニングにも活用できます。

最新の加圧トレーニング機器で行う筋のコンディショニング

RIP(Regional&Remote Ischemic Preconditioning)モードでは、腕や足の血流を一時的に止めることで、その後の筋の血行を改善させます。捻挫、しびれ、肉離れの治療、疲労回復、冷え性対策、関節痛緩和などに効果があります。

速筋能力アップ

MCトレーニング(Multi Cuff Training)モードは、自動制御された加圧トレーニングです。特に瞬発力に関わる「速筋」が鍛えられます。通常のトレーニングより格段に短い時間・弱い圧迫力・少ない痛みで効率よく速筋を鍛えることができるため成長ホルモンが通常のトレーニングより2倍~4倍放出されるというデータがあるほどで、速筋が活動する時間が3倍以上に(40秒→120秒)になり、スポーツのパフォーマンスアップのみならずダイエットにも非常に効果が高いのです。

最新式加圧トレーニング(MCC)+ファンクショナルトレーニングについて詳しくはこちら

最新式加圧トレーニング(MCC)+ファンクショナルトレーニング

この記事に関する関連記事