ゴルフレッスンは「意味ない」って本当?ゴルフが上達しない隠れた原因とは

こんにちは。

ゴルフのレッスンを受けてもなかなかゴルフが上達しないと、「このレッスン、意味ないのでは?」と感じてしまいますよね。

ゴルフレッスンでゴルフが上達しないのは、何か原因があるのかもしれません。

今回は、レッスンでゴルフが上達しない原因について解説します。

思い当たることがある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゴルフレッスンは「意味ない」?上達しない原因とは

ゴルフレッスンは本当に「意味のないもの」なのでしょうか。

上達しない原因として考えられるものを挙げてみましょう。

スクールが自分に合っていない

上達しない原因として、通っているスクールの指導方法が自分に合っていないことが考えられます。

  • 指導者と相性が悪い
    上から目線の指導・気軽に質問できない・生理的に合わないなど
  • スクールの方針と合わない
    レッスン方式やカリキュラム、練習設備など

また、スクールがレッスン生の成長よりも儲けを重視している場合には、レッスン生になるべく長くスクールを続けてほしいと思っています。長く通ってもらった方が儲かるためです。

わざとすぐに上達しないような指導をしているスクールも実際にあります。

2ヶ月通っても、上達が見られないようならスクールを変えてみましょう。

レッスンを受ける姿勢に問題がある

ゴルフが上達しない理由は、スクールだけが原因とは限りません。

レッスンを受ける姿勢に問題があると、たとえ優秀な指導者に指導してもらっても上達しないでしょう。

・技術を学んだだけで終わらせていないか?

・疑問点をそのままにしていないか?

・レッスンに頼りすぎていないか?

など、レッスンを受ける姿勢に問題がなかったか振り返ってみましょう。

目標があやふやになっている

人はゴールを設定しないと、やるべきことが定まらず、ただなんとなくレッスンに通うだけになってしまいます。

何をもって「上達した」とするのかを決めておかないと、本当は上達しているのにダラダラと通い続けて「レッスンって意味ない」と感じてしまうでしょう。

レッスンを受ける姿勢を見直してみよう

ゴルフレッスンをただ受けるだけでは、レッスンは意味のないものになってしまいます。

いま一度、レッスンを受ける姿勢を見直してみましょう。

学んだことは何度も復習しよう

スクールで学んだことは、すぐに復習しましょう。

練習時間がなかなか取れない方も多いかもしれませんが、長時間でなくても構いません。

自宅で毎日数分だけでも学んだことを思い出しながら復習して、自分の中に落とし込むことが大切。地道な努力が上達への近道です。

疑問点はすぐに質問しよう

指導者の説明でよく理解できなかった時、わからないままで終わらせるのはNGです。

小さなつまずきであっても、後に技術面で大きく影響する可能性があります。

「初歩的な質問をするのは恥ずかしい」と思う方もいるかもしれませんが、分からないことを教えるのが指導者の仕事です。

疑問に思ったことは、恥ずかしがらずにその場ですぐ質問するようにしましょう。

目標設定をしよう

レッスンを受ける際は、必ず目標設定をしましょう。

レッスン期間を通しての大きな目標だけでなく、今月の目標、今週の目標、今日のレッスン目標といった具合に、より細かく目標設定をするのがおすすめです。

細かく目標設定した方が、自分の課題を見つけやすくなったり、達成感を何度も感じることができるので、モチベーションを保ちやすくなります。

「今日は○○ができるようになった!」「今週は○○の技術が上がった!」など、喜びを感じることでゴルフがさらに楽しくなりますよ。

ゴルフが上達しない隠れた原因とは?

上記で解説したような原因に思い当たるものが無いにもかかわらず、ゴルフが上達しなくて悩んでいる方もいると思います。

たとえ優秀な指導者から指導を受けても、学んだことを練習しても上達しない場合、原因として考えられるのは“身体機能がそもそもスイングに耐えられる状態でない”ということです。

スイング動作をする場合、足裏・足首→股関節→体幹→腕と下半身の動きが順に腕へ伝わります。

しかしこの一連の流れの中でどこかにエラーが起こっていると、どうしてもスイング軸はぶれてしまい、飛距離が伸びなかったり、手打ちになったりするのです。

  • 足首の可動域が十分にあるか
  • すねや太ももの骨が十分に動かせる状態なのか
  • 膝はスイングの動き対応できる状態か
  • 腰や骨盤周りの歪みやズレはないか
  • 背骨はスイング動作に対応できる状態か
  • 腕の動きに直結する胸周りの背骨(胸椎)に十分な可動性があるか

スイング動作1つとっても、これだけエラーが発生する要因があります。

1つでも上記のような問題がある場合には、エラーを改善することでゴルフが上達する可能性が高いです。

ゴルフレッスンが「意味ない」と感じたら、mitzにおまかせ!

ゴルフのレッスンは「意味ない」と感じている方は、ぜひ当ジムへご相談ください!

もしゴルフが上達しない原因が身体機能の問題であるならば、原因を探し出して改善しなければなりません。

しかし深い専門知識も持ったトレーナーでなければ、身体のどこに問題があるのかを見つけるのは難しいものです。

mitzパーソナルトレーニングジムでは、あらゆる角度からゴルフのスキルアップを妨げている原因を探り、スイングに耐えられる身体へと改善していきます。

全身のバランスが崩れたり、背骨や骨盤などに歪みや傾きが起こる原因の多くは、スポーツ中や日常生活における誤った身体の動かし方です。

mitzジムでは、悪習慣がついてしまった身体と脳の運動パターンを切り替える「リライトコンディショニング」を取り入れており、身体全体の筋肉バランスを作り直すトレーニングや、お客様一人ひとりに合わせたゴルフのトレーニング指導を行います。

今までお越し頂いたお客様の手打ちのお悩みは100%改善しております!飛距離アップもおまかせください!

mitzが選ばれる理由

  • プロゴルファー専属トレーナーと同じ施術を学ぶ・トレーニングのプロが担当
  • プロゴルファーや同業のトレーナーも多数利用
  • 待ち時間なしの完全予約制
  • 痛みのない施術
  • お客様一人一人に合わせたトレーニングプログラム
  • ゴルフの悩みを本質的に改善!

mitzパーソナルトレーニングジムでは、施術・トレーニングのプロがお客様一人一人に合わせたプログラムを作成し、フォーム改善へと導きます。

頭蓋骨や背骨、骨盤位置のバランスを矯正しますが、ボキボキと音が鳴るような痛みのある施術はしておりませんのでご安心ください。

無理やり姿勢を矯正するのではなく、身体の動かし方から見直していきましょう。

 

  1. カルテにご記入いただき、身体の不調や生活習慣について丁寧にカウンセリング致します。
  2. スクワットのフォームチェックや痛みの出る動作チェックなど、現状の動きをチェックします。
  3. 背骨や骨盤位置、痛みが出ている箇所など身体の状態をチェックします。
  4. 背骨や骨盤のバランスを整え、トレーニング前に痛みの緩和、骨格や関節の可動域を広げていきます。
  5. お客様一人一人に合ったメニューでトレーニングを行って終了となります。

 

まとめ

今回は、「ゴルフレッスンが意味ない」と感じてしまう原因について解説しました。

ゴルフスクールでレッスンを受けてもゴルフが上達しない場合には、身体機能にエラーが起こっている可能性があります。

身体機能がスイングの回転に耐えられる状態でないと、いくらトレーニングしたところでゴルフは上達しません。

なぜレッスンを受けてもゴルフが上達しないの?と頭を悩ませているなら、ぜひmitzパーソナルトレーニングジムへご相談ください。

ゴルフのスキルアップを妨げている原因を根本から改善し、お客様に合わせたトレーニング方法で安定したスイングができるようサポート致します。

私共と一緒に身体機能のエラーを改善し、スコアアップを目指しましょう!

ゴルフのレッスンプロ指導でも手打ちが改善しない人必見!見落とされてしまいがちな根本的原因とは?について詳しくはこちら

ゴルフのレッスンプロ指導でも手打ちが改善しない人必見!見落とされてしまいがちな根本的原因とは?

この記事に関する関連記事