ゴルフトレーニングジムで飛距離アップ?筋トレで効果が出ない時の対処法

こんにちは。

「ゴルフの飛距離を伸ばすなら、トレーニングジムで筋トレした方がいいの?」

筋トレをすれば飛距離が伸びるのかというと、ただがむしゃらに鍛えて伸びるものではありません。

飛距離アップに必要な筋肉を効率よく鍛えることが、飛距離を伸ばす近道になります。

今回はゴルフの飛距離アップに必要な筋トレと、筋トレで効果が出ない時の対処法について解説します。

スコアがなかなか伸びない方は必見ですよ!

トレーニングジムの筋トレでゴルフの飛距離は伸びる?

トレーニングジムで筋肉を鍛えることでゴルフの飛距離を伸ばすことができます。

しかし、ただがむしゃらに鍛えて飛距離が伸びるわけではありません。

ゴルフに必要なのは、一瞬の力を発揮する「速筋」です。

飛距離を伸ばすためには「素早くスイングするための筋肉」「柔軟性のある筋肉」を鍛えて、ミート率やヘッドスピードを上げていく必要があります。

その逆で、持久力に優れた筋肉「遅筋」を鍛えるランニングなどは行う必要はありません。

ゴルフの飛距離アップに必要な3つの筋トレとは

それではゴルフの飛距離を伸ばすために必要な3つの筋トレについて解説します。

どれか1つだけ集中して鍛えるのではなく、全てバランスよく鍛えることが重要です。

上半身のトレーニング

上半身のトレーニングには、スイングスピードが速くなる・飛距離アップ・方向が安定するなどの効果があります。

肩甲骨や肩周りの筋肉のトレーニングやストレッチを入念に行いましょう。

上半身を鍛えるのにメジャーな方法といえば懸垂(けんすい)です。

  1. 両手を肩幅より少し開いてバーにつかまる
  2. 背中を反ってバーに近づけるように上げる
    (腕の力を使うのではなく、肩甲骨を寄せて背中で引き上げるイメージで行う)

懸垂が苦手であれば、低い鉄棒で足をついたまま、斜めの姿勢で上記のように行う方法でも上半身は鍛えられますよ。

下半身のトレーニング

スイングスピード上げるためには、下半身のトレーニングが必要です。

お尻や太ももの筋肉を鍛えておくと、バランスの取れた早いスイングができるようになります。

ゴルフのために行う下半身のトレーニングは、スクワットが効果的です。

スクワットを行う際は以下の点に気を付けましょう。

  • しゃがんだ時に膝がつま先よりも前に出ていないか
  • つま先と膝が同じ方向を向いているか
  • 背筋を伸ばしたうえで前傾姿勢がとれているか

スクワットが難しい方は、2cm程度の高さの板にかかとを乗せて行うとやりやすいですよ。

体幹トレーニング

スイングの安定性を上げるためには、体幹トレーニングが有効です。

体幹トレーニングでブレない軸をつくると、スイングの力をボールに上手く伝えられるようになります。

またブレない身体づくりは、バテない身体づくりにもつながるため、長期戦になっても後半にスコアが大きく崩れることがなくなります。

プランク」という筋トレなら、自宅で手軽に体幹を鍛えられますよ。

  1. 両肘を床につけて、うつ伏せになる
  2. 腰を浮かせて、背筋をまっすぐ伸ばす
  3. 頭・背中・腰・かかとまで一直線になるように姿勢をキープする

お尻が高く上がっていたり、頭が下がったりしていると十分な効果が得られません。

初心者はまず、20秒間キープ(1セット目)→10秒休憩→20秒キープ(2セット目)といった具合に3セット行いましょう。

ハードなトレーニングですので、長くても30秒キープが限界のはずです。

数分間もキープできたらフォームが崩れている可能性がありますので、フォームを見直しながら行ってくださいね。

筋トレで効果が出ない時の対処法

ここまで、ゴルフの飛距離アップに必要な筋トレについて解説しました。

一般的なトレーニングジムでゴルフに関わる筋トレメニューを依頼すると、上記のようなトレーニングを行う流れになるでしょう。

しかし上記のような筋トレをしても、レッスンプロに指導してもらっても、飛距離アップにつながらないことがあります。

それはなぜかというと、飛距離が伸びない原因はスイングの上手い下手ではなく、身体機能に潜んでいるからです。

飛距離を伸ばすためには、足裏・足首→股関節→体幹→腕の順に、下半身の動きが腕にうまく伝わらなければなりません。

しかしこの一連の流れの中でどこかにエラーが起こっていると、フォームが崩れ飛距離が伸びないのです。

  • 足首の可動域が十分にあるか
  • すねや太ももの骨が十分に動かせる状態なのか
  • 膝はスイングの動き対応できる状態か
  • 腰や骨盤周りの歪みやズレはないか
  • 背骨はスイング動作に対応できる状態か
  • 腕の動きに直結する胸周りの背骨(胸椎)に十分な可動性があるか

スイング動作1つとっても、これだけエラーが発生する要因があります。

1つでも上記のような問題があると、身体が十分な動作ができる状態ではないため、ひたすら筋トレを頑張ったところでスイングの動きが良くなるはずがないのです。

飛距離アップを目指すならmitzにおまかせ!

筋トレやプロのアドバイスを受けても飛距離が伸びない方は、ぜひ当ジムへご相談ください!

飛距離アップを目指すなら、身体のどこかで起こっている動きのエラーを見つけなければなりません。

しかし深い専門知識も持ったトレーナーでなければ、どこに異常があるかを発見するのが難しいものです。

mitzパーソナルトレーニングジムでは、あらゆる角度から痛みの原因を探り、動きのエラーを改善していきます。

動きのエラーが出る原因として多いのが、誤った身体の動かし方が習慣化してしまっていることです。

悪習慣を続けることで、全身のバランスが崩れ、背骨・足腰・骨盤の歪みや傾きが生じ、スコアが伸びずに悩むことになります。

当ジムでは身体と脳の運動パターンを切り替える「リライトコンディショニング」を取り入れており、身体全体の筋肉バランスを作り直すトレーニングや、お客様一人ひとりに合わせたゴルフトレーニング指導を行います。

今までお越し頂いたお客様の手打ちのお悩みは100%改善しております!飛距離アップもおまかせください!

mitzが選ばれる理由

  • プロゴルファー専属トレーナーと同じ施術を学ぶ・トレーニングのプロが担当
  • プロゴルファーや同業のトレーナーも多数利用
  • 待ち時間なしの完全予約制
  • 痛みのない施術
  • お客様一人一人に合わせたトレーニングプログラム
  • ゴルフの悩みを本質的に改善!

mitzパーソナルトレーニングジムでは、施術・トレーニングのプロがお客様一人一人に合わせたプログラムを作成し、フォーム改善へと導きます。

頭蓋骨や背骨、骨盤位置のバランスを矯正しますが、ボキボキと音が鳴るような痛みのある施術はしておりませんのでご安心ください。

無理やり姿勢を矯正するのではなく、身体の動かし方から見直していきましょう。

 

  1. カルテにご記入いただき、身体の不調や生活習慣について丁寧にカウンセリング致します。
  2. スクワットのフォームチェックや痛みの出る動作チェックなど、現状の動きをチェックします。
  3. 背骨や骨盤位置、痛みが出ている箇所など身体の状態をチェックします。
  4. 背骨や骨盤のバランスを整え、トレーニング前に痛みの緩和、骨格や関節の可動域を広げていきます。
  5. お客様一人一人に合ったメニューでトレーニングを行って終了となります。

 

まとめ

今回は、トレーニングジムでの筋トレでゴルフの飛距離が伸びるのか?について解説しました。

  • ゴルフに必要なのは、一瞬の力を発揮する「速筋」
  • 上半身トレーニングはスイングスピードの向上・飛距離アップ・方向の安定に効果あり
  • 下半身トレーニングでバランスの取れた早いスイングが可能になる
  • 体幹トレーニングでスイングが安定する

上記のように筋トレはゴルフの上達に効果があります。

しかし、筋トレを頑張っても、レッスンプロから指導を受けても、飛距離アップできないことがあります。

どこに行っても飛距離が伸びない!とお悩みの方は、ぜひmitzへご相談ください!

本質的な原因をチェックし、お客様一人一人に合わせたトレーニングメニューで、無理なくフォーム改善を目指せますよ。

私共と一緒に身体の動かし方から見直し、飛距離アップを目指しましょう!